やいまSDGsシンポジウム02

八重山の未来を子どもたちと創るイベント

【第1回 やいまSDGsシンポジウム 〜 THE EARTH VOICE 〜 】

実行委員長は、サスティナブルアカデミーメンバーで八重山高校2年生 当銘由羅(とうめゆら)君。

「やいま」は、石垣市と竹富町、与那国町からなる八重山地方の島々を指します。

陸ではユネスコの世界自然遺産に登録されている西表島、海では日本で唯一最大のサンゴ礁を誇る石西礁湖を抱える八重山の豊かな自然は、生物多様性に恵まれた人類の資産であると言っても過言ではありません。

その八重山でサスティナブルな事業に挑戦しているユース世代・環境財団・エコツアー事業者・小売店・農畜産業者ら多様なメンバーが一堂に会して、協働により自然資産を保護しながら、地域を支える事業を次々に生み出し続けるプラットフォーム作りを目的としたイベントを開催いたします。

■トピックス紹介

〈パネルディスカッション〉
サスティナブルな地域をつくる八重山在住の挑戦者にスポットライトを当て、様々な地域課題【サンゴ礁保全】【生物多様性】【教育】【ワーケーション】【サスティナブルツーリズム】について、パネルディスカッション。最後に全てのパネルを包括して【脱炭素の地域作り】をテーマに、100年後に生きる八重山の子どもたちにどんな未来を残すべきなのか?をまとめ上げ、市民からの提言として発信します。

〈SDGsボードゲーム大会〉
小学生からご年配の方々まで遊べる SDGs学習ボードゲーム“Get The Point”を用いたゲーム大会を通じて、「競争より協調が豊かさを生む」ことや「持続可能な開発」とはどういうことかを疑似体験学習します。当日はこのゲームのファシリテーション資格を取得した中高生が主体となりゲームを進行。参加をご希望の方はイベント特設サイトにて申し込みできます。

関連記事